学会展示に特化したブース「学会ブース専門館」

【プロジェクト単位の仕事の進め方 4つのポイント】

2017.06.20  コラム  

一つのことを複数のメンバーで進めていく際
プロジェクト単位の仕事の進め方が必要となります。

例えば「セール」を行うこと一つとっても、プロジェクト単位で計画的に進めることで
利益を下げずに売り切ったり、セールで集めたお客様にセール以上の価値を提供し、
後のリピートにつなげることが可能になります。

例えば賞味期限間近の食品を利益を下げて売り切るのではなくシーズンセールとして、
夏のバーベキューセットとして販売したり、訪れてくれた新規のお客様が
リピーターになってくれるような接客をしたりするのが理想です。
しかし計画的にセールを開催しないがために、日常より多くのお客様の対応で接客が雑になり新規で訪れたお客様だけではなく、既存のお客様への印象も悪くなったりなどマイナスともいえるセールでは本末転倒ですよね!

そこで本日はプロジェクト単位の仕事の進め方 4つのポイントについてお伝えいたします。

1 .目的・目標を明確にしたプロジェクトシートを作成

全体の目的・目標を明確にし、メンバー毎の役割、タスク管理・各進捗管理シートを作成する。
企画のリーダー、チラシ・DMなどの販促担当、POP・ディスプレイ担当、接客対応などの役割に分け
誰がいつまでに何をするのか、そしてそれは何のためにするのか、という目的を明確にし
目標を設定し、チームで共有します。

2 . チームワーク

目的・目標に向かってメンバー同士が協力しあうことが必要です。
他のメンバーの状況を知り、それぞれが何をすべきなのか常に把握していなくてはならない。
そうすれば、必要な時には協力することができるし、プロジェクトの全体像が把握できていれば
その中で自分のタスクを果たそうというモチベーションも上がってくる。

3 .コミュニケーション

コミュニケーションによるチームの雰囲気を保つということが実は一番重要だと感じます。
お互いに声を掛けあって、喜びを分かち合うことが大切だと思います。
それがお客様へのサービスへにも表れるのです。

4 .メンバーの生産性と目標を常に把握する

メンバー各々が自分の役割と自ら掲げた目標を達成する意識が大切です。
また、生産性の向上を図るためのリーダーからの指摘・支持、そしてメンバー間の指摘が必要です。

プロジェクト単位で物事を進めることにより、効率のよい企画の遂行とサービスの提供ができるだけではなく、
プロジェクト単位の仕事を進めているうちに、以上で上げた4つのポイントである
1.目的・目標を明確にする
2.チームワーク
3.コミュニケーション
4.メンバーの生産性と目標を常に把握する

ということが、風土として根付いていくと自身の経験で感じています。

お電話でのお問合わせ
0120-102-548 受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
  • 無料お見積り・お問合わせ
  • 無料資料請求
  • ショールーム見学